事例紹介
板金塗装

トヨタ クラウン(保険修理)

修理箇所:右フロント側

車同士で事故を起こしてしまったとの事で、レッカーにて入庫してきました。

修理時間
約1週間
修理費用
¥410,000-

修理の過程

当日はかなり雨が降っており、視界も悪く気を付けて運転していたが、走行中に別のお車と事故を起こしてしまったとの事で、入庫されました。

まずは損傷しているFrバンパー、フェンダー、ヘッドライトを外し、内部の損傷がないか確認します。
内部への損傷は思っていたよりは少なく、修正と調整で対応させていただきました。

調整後、新品部品を塗装前に組み付けし、位置の確認と調整を行います。
今回ヘッドライトも割れており、新品部品での交換になったのですが、さすがクラウン。
ヘッドライト単体だけで¥131,000-(税別)もしました。
今回は保険修理の為、新品部品を使って交換させていただきましたが、もし実費で修理の際は中古部品を使い費用を抑える事もできます。

新品バンパー等の部品を塗装ブースに入れ、塗装準備に取り掛かります。

Frフェンダーパネルも同様に塗装準備をしていきます。

ベースカラー → クリアの順番で塗装を行っていきます。

シルバーといえば地味なイメージを持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、塗装は結構シビアでメタリックのムラが分かりやすい色になっています。メタリックのキラキラ感はアルミフレーク(金属粉)が使われています。このアルミフレークが均一に乗らず、塗装面がぼやけたりメタリックが多いところや少ないところがでてしまうのが『ムラ』です。このアルミフレークの塗装表面の立ち具合を均一にする為に色によって『ムラ取り』という作業を行っております。

また右のヘッドライトは新品部品での交換になりましたが、そうなると反対側との劣化の差(黄ばみや傷、汚れ)がはっきりと分かってしまい不自然になってしまう為、綺麗に研磨しクリア塗装をさせていただきました。

最後に塗装した部品を組み付けていき、磨き、洗車、車内清掃をして完了です。
お客様も新車みたいになっている!と喜んでいただけました。

その他の事例