事例紹介
板金塗装

デリカ 左スライドドア・リアクォーターパネル

修理箇所:左スライドドア・リアクォーターパネル

左スライドドアからクォーターパネルにかけて擦ってしまったとの事で修理依頼を受けました。

修理時間
約7日
修理費用
¥106,000-

修理の過程

リアクォーターパネルは修復されている跡(パテ)が見えます。

まずは損傷部分を削っていきます。
その後にパテを入れてペーパーで形を整えていきます。

パテの形が決まったらサフェーサーを塗布していきます。

塗装ブースにて塗装準備を行います。

スライドドアは外して単体で塗装準備を行います。

ベースカラーを塗布していきます。

スライドドアも同じくベースカラーを塗布していきます。

仕上げにクリア塗装をしていきます。

クリヤを吹きすぎると垂れたり、塗装の肌が汚くなったりする為、丁寧に素早く塗装していきます。

しっかりと塗装が乾燥したら、部品を組み付けていき塗装面の磨きを徹底的に行います。
最後に洗車・車内清掃をして完了です。

その他の事例