後輪ブレーキの修理(乗用車)

掲載日時:2016年11月28日

  • 修理時間:約0.5時間
  • 修理費用:¥8,300
  • こちらが、ブレーキシリンダー内部で錆が進行し、オイルが漏れていう状態の写真。シリンダー内部で錆が出てしまいますと、オイルが漏れ油圧がかからなくなりますので、ブレーキが全くかかりません。そんなトラブルを解決していきます。

  • この角度からみますと、内部の錆がみえますね。

  • 先ずは、このマスターシリンダー内部の錆を完全に落とし、奇麗に清掃していきます。

  • また、シリンダー内部に取付けるピストンも清掃し、ブレーキオイルが漏れないようカップキット(ゴム製の部品)を新品に交換し取付ます。

  • こちらがカップキットを取付た後の写真です。

  • 次にこのピストンをシリンダー内部に取付、他の部品も取付けていきます。

  • こちらが、全てのブレーキの部品を取付た後の写真ですが、後輪のブレーキはこのような構造になっています。ブレーキを踏むと油圧がかかり、左右に固定されている扇状のライニングが外側に開き、ブレーキが効きます。車って、このようにして見ていくと面白いですよね!

  • 最後にドラムと言われる外側の部品を取付、タイヤを付けます。試運転の後、問題がなければそのまま納車です!